メニュー

コロナワクチン1・2回目 5歳以上11歳以下

当院から保護者の方へ大切なメッセージ 2022.8.13

*以下の文章は、当初このページに書かせていただいた文章を改編し、記載し直したものです。

2022年8月10日に日本小児科学会より、“健康な小児へのワクチン接種に対して、「意義がある」から「推奨する」という表現変更”の方針が打ち出されました。第7波の爆発的感染者増加の中で、健康な児においてもワクチン未接種の小児において、重症化例が出てきてしまっています。感染者が少ない中では接種のメリットが得にくい状況でしたが、健康な小児においても、接種のメリットがデメリットを上まる状況になっており、当院としても、ワクチン接種を推奨する方針に準拠して、診療を進めて参ります。

>> 日本小児科学会の該当ページ

 

<これまでの当院の考えや経緯>

 5~11歳におけるコロナワクチンは、基礎疾患(*1)のある小児を主な対象として、重症化を予防することを主目的として開始されました。5~11歳に対しては、ワクチンの発症予防効果は乏しく、健康な小児においては重症化率も高くないという状況でしたので、健康な小児においては、接種を強く推奨できるような根拠に乏しい状況と当院としては考えていました。

しかし、BA.5を含むオミクロン株における小児患者のデータの蓄積により、オミクロン株流行以降は小児に特有の疾患であるクループ症候群、熱性けいれんが増加し、脳症、心筋炎などの重症例も報告されております。
また、一部ワクチン未接種の健康な小児の中で、重症化もしくは死亡する症例がでている状況が明らかになってきました。
これは、第7波による感染者数の爆発的増加が原因と考えられます。
これに対して、現行ワクチンはオミクロン株を含めて重症化予防効果が40~80%程度認められることが改めて、確認されてきています。

そして、これまでの小児のコロナワクチン接種者により、安全性の面も徐々にデータの集積がされてきており、12~17歳における副反応の発生率は、若年成人と同等であり、5~11歳における副反応はより軽い傾向が確認されています。

ワクチン接種はメリットがデメリットを上回る場合に、我々は接種を推奨しますが、現状の流行状況ではメリットがデメリットを上まっていると考え、この度、接種を推奨する方針で診療をおこなっていく方針に変更することといたしました。

ワクチンは罹患発症予防効果にはやはり乏しく、また、子供の感染対策は、なかなか十分とは言えません。周囲の大人がマスクや手指衛生など感染対策を怠らず、罹患しないようにする中で、お子さんを守っていただければと思います。

*接種当日は限られた時間で接種をしておりますので、接種に迷われる方は、別途診療時間内にご相談に来ていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

 

【5歳以上11歳以下 1・2回目  予約可能対象の方】

・5歳以上11歳以下

・1回目・2回目の両方の接種を希望される方

・上記であれば、かかりつけ、非かかりつけを問いません

 

【使用ワクチン】

ファイザー社製(12歳以上とは使用バイアルが異なります。)

 

【注意事項】

・他のワクチン接種とは2週間をあくように、予約ください。

・コロナ罹患時はワクチン接種の時期の調整が必要となります。罹患時はご相談ください。

 

【5〜11歳のコロナワクチン接種時に持参するもの】

母子手帳
お薬手帳(現在内服している薬の記載があるもの)
保険証
医療証
接種券

 

【予約サイト】

5歳以上11歳以下のコロナワクチン予約はこちらから

1回目の方は、上記2回目の予約も3週間後にセットで予約となりますので、スケジュールにご注意ください。

 

【参考資料】

*1:小児基礎疾患

 

・厚生労働省

  ・小児接種(5-11歳)新型コロナワクチンQ&A

 

・小児科学会

  ・5~17歳の小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME